不動産お部屋情報を検索

不動産お部屋情報を検索

一人暮らしをする場合にどこに住むのか場所を選ぶ必要があります。
住みたい町の希望を持っている人もいるでしょう。
それよりも、通学や通勤をする場合の経路をしっかり検討することが大事です。
お部屋情報を検索できるインターネットサイトを使って調べてみてはどうでしょうか?
 
  • 不動産ネットワークが行き届いているインターネット不動産サイトを参考にしましょう。
 
一般的にはトップページに賃貸と購入の区分があります。
検索をする場合には借りる(賃貸)を選びます。
その中にもマンション・アパート・一戸建てなどのジャンルに分かれているところがあります。
該当欄をクリックすれば結果がでてきます。最近は地図から探せるようなサイトもあります。
 
検索方法も(1)地図から探す(2)地域から探す(3)沿線から探すと便利になっています。
地図から探すを選ぶと各都道府県別にリンクがでてきます。
東京で探すならば、「東京」をクリックします。
そうすると「東京23区」「東京市部」「その他の地域」となって、次第に絞り込んでいくことができます。
 
沿線から探す場合は、東京の場合は、JR・東京メトロ・東京都交通局・東京急行電鉄・西武鉄道・京王鉄道
・小田急電鉄・京浜急行電鉄・東武鉄道・京成電鉄・多摩都市モノレール・東京臨海高速鉄道りんかい線
・東京モノレール羽田線・ゆりかもめ・つくばエクスプレス・埼玉高速鉄道・北総鉄道などがあります。
さらに駅で選ぶ方法もありあす。
 
 
 
  • 家賃はいくらぐらいかかるのでしょうか?
 
予算を立てることも大事です。
仕送りや給料などの収入が決まっているならば、
毎月幾らぐらいの家賃ならば無理なく支払えるかが予想できます。
入居するときには、保証金・敷金などの一時金も必要になります。
 
不動産会社への仲介手数料も必要です。
さらには転居費用・新生活をするための家具や家電の購入費用も場合によっては
計上しておかなければなりません。
こういった経費も含めて、しっかりとした資金計画を立てなければ失敗してしまいます。
 
 
 
  • 全国の家賃相場はどの程度になるのでしょうか?
 
北海道:45,000円から50,000円
東北:45,000円から50,000円
北関東・甲信越:40,000円から50,000円
首都圏:55,000円から65,000円
中部:50,000円から55,000円
近畿:50,000円から60,000円
中国・四国:40,000円から45,000円
九州・沖縄:40,000円から45,000円
 
この程度は目安として考えておきましょう。
 
 
 
  • 入居にかかる費用の目安をご紹介しておきましょう。
 
1番目はマンションやアパートの契約に必要な費用です。
  • 敷金・保証金:家賃の1カ月から3カ月分
  • 仲介手数料:家賃の0.5から1カ月分
  • その他の一時金:家賃の0から2カ月分
  • 前家賃:共益費・管理費・家賃1カ月分
  • 火災保険料:10,000円から20,000円
 
これを合算すると家賃の5カ月分から7カ月分の費用が必要になります。
地域によってもバラツキがあるでしょう。
例えば6万円の物件ならば、60,000円×5から7カ月になります。
30万円から42万円は準備しておきましょう。
 
2番目は引越代です
3万円から10万円程度が標準です。
荷物の量がどの程度になるかによっても大きく料金は違ってきます。
 
3番目は家具・電化製品・雑貨の購入費用です
  • 洗濯機:30,000円
  • テレビ:30,000円
  • 冷蔵庫:20,000円
  • 電子レンジ:20,000円
  • テーブル:10,000円
  • ふとん・ベッド:10,000円
  • その他(雑費):50,000円
必要最低限度のものを新品で購入した場合は、合計で200,000円程度かかります。


賃貸 東京

お部屋探し


 

新着ページ